納豆菌米ぬかぼかしの窒素リンカリ比率は?

こんにちは。矢野バラ園です。

当園のサイトには、「納豆菌米ぬかぼかし」のキーワードで検索して見つけてくださる方が多いようです。化学肥料ではなく自然に近い肥料を求められているのかな?

先日も、納豆菌米ぬかぼかしの作り方のページにコメントが有りました。(このコメントへの返信が遅れてすみませんでした。コメントを見逃していました)

コメントで質問されていたのが、窒素リンカリ比です。

正直、正確に測定したことはございません。

しかし、当園の使用状況では、バラさんの反応が良いとわかっているため、使用を続けています。

一応、米ぬかの窒素リンカリ比を調べてみました。

窒素リンカリウム
1.2%0.9%2.1%

引用元:バイオマス成分データベース – 農研機構

上は一般的な米ぬかの窒素リンカリ比率です。この数字は肥料あたりに含まれる窒素リンカリのパーセンテージを示しています。なので、この数字は「含まれている量」です。「植物に供給される量」ではありません。

登園で使用している納豆菌米ぬかぼかしは、納豆菌により「分解」されています。おそらく、通常の米ぬかよりも、分子が小さくなっていると考えられます。

分子の大きさは、植物への吸収効率に直結しますので、納豆菌米ぬかぼかしは、通常の米ぬかよりも植物の栄養になりやすいと考えています。実際、当園では納豆菌米ぬかぼかしの効果を実感しています。

もちろん、どんなところでも効くわけではないと思います。路地だったり、地質であったり、いろいろな要素が植物栽培に影響します。肥料の効き方も変わってくるでしょう。

様々な試行錯誤の結果、最適な栽培法を探っていく。農業の面白いところですね!

発酵中の米ぬかぼかし。
発酵加速中!55度!

今日もウチの納豆菌は働き者です!バラさんのための肥料をせっせと作ってくれています。頑張れー!

納豆菌米ぬかぼかしの発酵加速中!

こんにちは。矢野バラ園です。

一昨日から昨日にかけて、作成中の納豆菌米ぬかぼかしの発酵が進んでいます。

過去記事リンク1:寒くて米ぬかぼかしの発酵が進みません!

過去記事リンク2:納豆菌米ぬかぼかしの発酵が始まりました!昨年11月定植の株の様子。

そして、今日!どうなったかというと…

午前9時半の納豆菌米ぬかぼかしの温度。42度。

午前9時半ごろの、納豆菌米ぬかぼかしの温度です。昨日に引き続き、高い温度を維持しています。お風呂の湯加減だったら丁度良い加減ですね(笑)。

気温が下がる夜間も、発酵が止まることなく乗り越えたようです。

午後4時半ごろの納豆菌米ぬかぼかしの温度。48度。

今日の午後に更に測定しました。なんと、更に温度が上がって48度です!かなり熱い!すごい勢いで発酵が進んでいるようです!

納豆菌が増え、米ぬかぼかしの大きな分子をガンガン分解しています。良い肥料になっていますよー!

頑張れ納豆菌!

納豆菌米糠ぼかしの発酵が始まりました!昨年11月定植の苗の様子。

こんにちは。矢野バラ園です。

昨日の記事で、納豆菌米糠ぼかしの発酵が進まないので、湯たんぽを入れましたーという記事を書かせていただきました。

過去記事リンク:寒くて米ぬかぼかしの発酵が進みません!

その後どうなったかというと…

朝の納豆菌米糠ぼかしの様子。発酵が始まりそう…

朝8時半ごろの米糠ぼかしの温度を測ると、32℃でした!少しずつですが、温度が上がっていました!じわじわ発酵が始まっています。

午後4時ごろの米糠ぼかしの温度。46℃!

そして、夕方4時ごろにもう一度温度を測ると、なんと46℃まで上がっていました!

温度の上昇は、順調に発酵が進んでいる証です。

この時期は外気温が低く、米糠ぼかしに納豆を混ぜ込んだだけでは発酵が進みません。今回のように湯たんぽを入れたり、醗酵桶を比較的暖かい部屋に置いたりと、なにかしらの対策が必要ですね。

この後は、温度が下がっていかないようにしっかり断熱しました。どんどん米糠ぼかしを分解してもらいましょう。良い肥料ができますように。

発酵して、できた米糠ぼかしは肥料としてバラさんに食べてもらいます。

若い株ほど、栄養を必要とするはず。

2019年11月定植株1
2019年11月定植株2

現在栽培している中で、比較的若い株は昨年2019年の11月に定植した株がそうです。

お外は寒いですが、ハウスの中はぬくぬく。これに、自家製の納豆菌米糠ぼかしと堆肥を入れれば、健康な株に育ってくれるでしょう!

楽しみですねー!