自家製堆肥の切り返し。

こんにちは。矢野バラ園です。

毎日暑いですね!

2016-07-31 セミ

外でセミが煩いぐらい鳴いています。

 

さて、自家製堆肥の切り返しを行いました。

(堆肥の作り方はこちら→自家製堆肥

2016-07-31 堆肥1

こちらが自家製堆肥の山。市内の環境整備で刈り取られた雑草が、主な材料です。

2016-07-31 堆肥2

発酵中の堆肥に温度計を挿すと…

2016-07-31 堆肥3

70度まで上昇していました!かなり暑いですね!

以前、娘の自由研究で卵を埋めたところ、ゆで卵になりました(笑)。それほど発酵熱は凄いです。いい堆肥に変わるための必要な反応です。どんどん発行してもらいましょう。

2016-07-31 堆肥4

よく「雑草の種が残って、施肥した所に雑草が増えないか?」と質問されます。たしかに、雑草の種は混じっていると思いますが、70度まで上昇した発酵熱で、種は失活します。堆肥も切り返しを数回行いますので、まんべんなく熱が加わり、残留した種はほぼ発芽しません。

暑い夏は発酵を進める良い時期です。

どんどん発酵してもらって、良い堆肥に変わってもらいましょう!