定植苗に藁の布団をかけましょう。

こんにちは。矢野バラ園です。

今日は、先日行った鉢上げ苗の定植後のお話です。

定植したばかりの苗は、ハウスの土に慣れていません。

同じハウスの中で栽培していたとはいえ、土の温度はポット内と地面では異なります。

また、ポットと地面では水はけのスピードも異なります。

そこで、苗の周りに藁マルチを敷きます。

苗の藁マルチ1

苗の周りに藁を敷いたところです。

苗全体を取り囲むように敷いていきます。

苗と苗の間に走るパイプは灌水用です。約1mおきに噴霧口が設置してあり、苗に水を供給します。

苗の藁マルチ2

定植した畝全体に藁を敷きました。

藁の布団で、ぬくぬくと大きく育ってね!!!