土壌の針治療

土壌の針治療とは?

土壌の水はけや通気を良くする一手間を加えています。

それが「土壌の鍼治療」です。

使う道具はこちら。

 

IMG_0132

 

通常のものより長いドリルを付けた、電動ドリルを使います。

IMG_0133

先端は2種類あって、太いものを細いものを使い分けます。

これをバラを栽培するハウスの土壌に打ち込んでいきます。

 

鍼治療の効果

土壌針の説明土壌鍼治療の効果は、いくつかあります。土壌への水の吸収がよくなり、水の流れとともに養分の土壌への吸収も良くなります。さらにバラの根や、地下で活動する微生物や小動物が必要とす酸素の供給も行えます。

 

実際の使用法

使用しているところを動画に収めてみました。

まずは細いドリルを使っているところです。約50 cm間隔で打ち込んでいきます。

次に太いドリルを使っているところです。これは中々の重労働です。

太いドリルは細いドリルよりも間隔を開けて、1 m間隔で打ち込みます。バラの根を痛めないようにする配慮です。

最後はドリルを打つ人の視点です。太いドリルは深くなるほど重くなるため、中々の重労働です(笑)。

 

当園ではこの様な鍼治療を行って、バラの健康を保っています。

 

土壌の針治療」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中